MASA細胞

代謝から生まれた記事

解釈モデル4

シリーズ解釈モデル

第4回は『操作性』


黄色い

イカつい

百獣の王

に対して

ライオンと名付けました


次に餌食になる

犠牲者を増やさぬ様に


言葉は

概念を想起させるための

ベクターです

(概念を操作するための

よく用いる方法の1つ)


サッカーのルールを覚えるのは

休み時間に友達と遊ぶ為のだし


文字を覚えるのは

あらゆる媒体から

概念を抽出する為です


思考の操作性

統合、分配、組織化


たとえば

その人が着ている服から

概念を読み取る事が

解釈であり

アイテムを選択し

思考を表出させる事が

自己理解であります