MASA細胞

代謝から生まれた記事

歴史

我々は自由を切望する

解き放たれた

明るい光の差す

未来を志向して


例えば

父と母が出会わなければ

私はいなかったし

あのタイミングで

受精していなければ

こうして

悲しむ事もなかった


我々は

個人で生きていると思っている

歴史を作り出すんだと切望している


期待する何か

操作可能な何か

歴史とはそんな

何かだろうか


いや

歴史とは

学校の必修科目でもなければ

遠い過去の絵空事でもない

教科書の中の文字でもないし

世界の共通言語でもない


それは

私がここにいる理由

我々が絶対的な遅れの中に

存在しているという事実