MASA細胞

代謝から生まれた記事

解釈モデル1

シリーズ解釈モデル


第1回は『変数』です


我々を取り巻く環境や

我々自身を

説明可能にするもの

それが変数です


変数を連続的に変化させ

2次元平面に視覚化したものが

関数であります


変数を修飾するのは

係数と呼ばれ

出力を決定する

重要な因子です


我々は説明変数を

探し続けています


あらゆる分野

あらゆる業界で

日夜行われており

かなりの時間と労力を

投入していると言えるでしょう


変数と出力の関係は

典型的かつ

想起が容易な

モデルとして

比例と反比例があります


未知の事象に対し

我々が始めに

実装するのは

このパターンが多いでしょう

(祈る程に、想いは届く

じっくり煮込む程、味が染み込む

幸せな程に、その事に気付かない

、、、)


この日常レベルで

思考可能な

パターンを

我々は語り続け


希望的観測のもと

半径1キロ以内を照らし


専門性にその期待を裏切られては

快感(若しくは不快感)を得ているのです