MASA細胞

代謝から生まれた記事

記述

私たちは

あらゆる媒体を通して

世界を記述してきた


オリジナルの語法を

発見した時

人は世界の解釈が止まらない

(それが作品となる)


私たちは

自分自身をも記述し続ける


ある時は

着ている物で表現し

ある時は

聴いている音楽で

実装する


生きていて1番辛いのは

自分の存在理由に

疑問が浮上した場合であろう


何かのきっかけで

自分が記述できたとき

意味が付与される


生きる意味が


何かにつまづき

涙を流す時

身体は生理学的反応で

描写されるし


風邪を引いて

頭が痛い時

身体は免疫で語られる


何かの専門がいて

毎日何か語っている


私は私の専門で

死ぬまで私を語り続ける


終世

ピカソが筆を握ったように