MASA細胞

代謝から生まれた記事

記憶とアイプチ

二重の需要は高い


私という存在を

実装する表現形として

規定するプロトタイプとして

非常に人気がある


獲得する為の

手技・手法は

様々開発されている


型を形成する

表現形を定着させる

再現性を生み出す


アイプチは

その中でも

1番廉価で

手軽な手段として

コンセンサスを

得ている


再現性

保持性

獲得性


形状記憶として

身体に介入すること

目的の為に

形状を変容させること


記憶は海馬を入り口に

大脳へ送られ

蓄積されるという


大切な記憶

鮮烈な記憶

驚愕の記憶


これらは

恐らく脳の構造を変革し

形態を微細に変態し

再現性

保持性

諸々を獲得するのだ


思考が形態を規定し

形態が思考を発する


そんなお話