MASA細胞

代謝から生まれた記事

真実

昔々

1人の冒険家が

真実の地を探していた。

完全なる真理に基づいた世界

全てが光に照らされた世界を。

彼の理想はこうだ。

全ての根源、そこから世界が説明できる。

理想の地に辿り着いた者だけが

勝者なのだと。


彼は集め続けた

真実を実装した書物

理想を実装した思想を


部屋が狭くなってきた

寝る場所がない

掃除をする気も起きない

外にも出れないよ


でも、この書籍がある

これが私自身だから


そして彼は部屋から出なくなった

世界を解釈するために。


しかし、気づく時が来る

真実は自分の側には無いのだと。

真実を世界に返還すべきだと。


人々は

真実がただ1つと

思いがちになる。


正しければ

いつか分かってくれると。


では何を探せばいいの?


大切なのは

枠組みを作り

環境を整地すること

そして、

その中で最適化を探求すること


否定すること、排斥することは簡単だが

ルールを適用し

ある制限の元で

共通了解を探すことは難しい


それが

その時代、その環境、

我々の求める

真実なのである